消費者金融

キャッシングnow!今すぐお金が必要な方へ

アコムの歴史

10636000006

創業当時の理念

アコムは昭和11年4月2日(1936)、神戸市で「丸糸呉服店」として創業しました。創業者の故・木下政雄は、「人を信頼する、人から信頼される」という相互信頼の精神を元に商いを行なって行くことを誓います。



呉服商から質屋業、そしてサラリーマン金融へ

創業以来、順調に発展していた「丸糸呉服店」は、戦争の余波を受け、やむなく昭和17年12月(1942)に自主廃業しました。その後、昭和23年7月(1948)に質屋業を立ち上げ、さらに、手形割引や商人貸付などの金融業も営んでいきました。


昭和30年~40年代になると質屋業は衰退していきますが、昭和42年8月(1967)にサラリーマン金融(庶民金融)の店舗を東京八重洲のビルにオープン。



アコム株式会社設立

昭和53年10月23日(1978)、前身となるマルイト株式会社の100%出資により、アコム株式会社が設立されました。アコムの社名は、「愛情」(Affection)、「信頼」(Confidence)、「節度」(Moderation)の頭文字をとって命名されています。



24時間稼働のATMサービスを開始→むじんくんの登場

昭和54年12月(1979)、消費者金融業界ではじめて年中無休・24時間稼働のATMを導入。平成5年7月(1993)「むじんくん」デビュー。「むじんくん」の登場によって、店頭での契約を機械に代行させ、人目を気にせずに利用できるため、多くのニーズを汲み取り、この業界を発展させる立役者となりました。



店頭公開から東証一部上場へ

平成5年10月1日(1993)、アコムは株式を公開し、店頭株式市場への登録を果たし、その2年半後の平成8年9月2日(1996)には市場第一部の指定銘柄となっています。



三菱UFJフィナンシャル・グループの連結子会社へ

アコムは、平成10年7月(1998)、消費者金融業界ではじめてクレジットカード事業に進出しました。 その後、三菱UFJフィナンシャル・グループとの提携を経て、平成20年12月(2008)に、アコムは三菱UFJフィナンシャル・グループの連結子会社となりました。

 

タグ :   

アコム    コメント:0

クレジットカード サービス